【4月新入生を募集しています】

新環境のスタート、はじめの一歩です
詳しくは配布したパンフッレを参照してください


※現在どの幼稚園・保育園にもシーガルズが併設されているわけではありませんので、
該当する園にクラブが開設されているかどうかをご確認下さい。


「スポーツ・運動の効用」や「活動の背後にあるねらい」「人間形成の方向性」などの
抽象的な社会性育成の観点について、体育クラブTOPのページも読んでみて下さい。

 


身体を動かす力を向上させることは、生活の中の行動全てに良い影響を与え、活発で理解力の高い子どもに成長させてくれる原動力となります。遊びであっても、サッカーであっても、他の運動であっても、身体を使って行動をすることには全く変わりありません。肝心なことは、その背後に心的な、知的な、子どもの精神発達の重要な条件が含まれているということです。
.....
その条件は一言でいえば、「乗り越え」と「やりとり」になります。「乗り越え」は文字通り何かを克服して一段上に上ることであり、その過程には意欲や考えや迷いが深く関わり、とても良い刺激が頭に送られます。「やりとり」は文字通り相手があって初めて成立します。言ってみれば人との付き合いのことです。その過程では、当然関係が良い時もあり、きしむ時もあります。その時々で相手と意見や考えが違うことに気が付き抵抗を感じます。その抵抗こそが他者の意図を感じる時であり、同時に自分の意志にも触れる絶好の機会になります。そうしながら他者の考えている事が分かるようになっていき、協力心、共同意識や共感性も深まることになります。実はそれが集団で何か活動することの重要な意義となります。なぜなら子ども達には、社会という大きな、将来最も長く生きていく世界が待ち受けているからです。今はそのリハーサルの時期となります。

.....
当社が目指すサッカーは、「目先の勝利」ではなく、将来有望・将来活躍人に目的を合わせています。
やはり子ども達の将来を考えるなら、社会性・秩序・道徳性の育成の観点をはずして考えることは出来ないものです。何よりもサッカーはルールというミニ社会が前提となっているスポーツです。

年間スケジュール
4月 年中・年長クラブ会員募集。チーム編成スタート
6月中旬 埼玉ジュニア大会(小学生)
11月中旬 埼玉ジュニア大会(小学生)
2月初旬 東日本幼児大会(年長のみ)
2月下旬 ラック杯 (幼児・小学生全員)