ラックのほぼ全てのクラブの夏活動は園での練習となる。
普段の時間より長い練習となるため、午前中、もしくは気温の下がる夕方からの練習時間を組むそれでも、さすがに8月、太陽の季節である。
子らの持ってくる水筒は、練習が終わる頃には残り少なくなる。あまり水分補給も過剰になると、お腹からチャッポンチャッポン音がする。これはもう飲水過剰。
運動には適した状態で無くなる。よってクラブでの飲水は1回に150~200㏄程度に制限している。それ以上飲んでも一度に吸収できる量を超えてしまう。
飲水の仕方も科学的である。夏は暑いのが当たり前。特にサッカーの子達は屋外がいつもの練習場、発汗機能も強くなっている。
更に日に焼けて、見るからに精悍に見える。たくましく育って欲しいものである。