夢中になって行うことで粗大から微細へ、粗雑から精密へとより適切さを学んでいきます。それは彼らの知能と身体の発達を示しています。複雑な動きができ上手になっていくことは、多くの筋肉が協調することであり、それを制御する中枢も精密さを増したことになります。
 発達促進的に身体を動かすことは、思考・記憶・言語・情動・社会的行為を伸ばします。