ラックの体育 - ラックスポーツクラブ|株式会社 幼少児体育振興会

株式会社 幼少児体育振興会

ラックスポーツ

株式会社 幼少児体育振興会

ラックの体育

唯一無二の統一カリキュラム
何よりもまず上手になります!

長年の研究と実績を踏まえた
カリキュラム

数多くの種目の中から、幼児の発達の段階に合わせて何がより発達を促進するものであるのか、よく吟味・厳選されたカリキュラムを構成しています。
内容は身体操作や運動種目のほとんどを網羅し、まんべんなく取り組むことの出来る全方向的な活動で、具体的には基本運動・鉄棒・跳び箱・マット・縄・ボール・ゲームと多岐にわたり、それらと当社オリジナル音楽教材を組み合わせた他に類を見ないオンリーワンカリキュラムです。

長年の研究と実績を踏えたカリキュラム
幼児の体育

幼児の体育

初めの一歩 楽しく学べるステップアップカリキュラム

同じように見えても、こなし方、スピードが変わり質が変化しています。
脳の指令の出し方、働き方がよくなっていることに他なりません。

幼児の体育
幼児の体育
幼児の体育
幼児の体育
親子の体操

親子の体操

触れ合い 心の大切な栄養素

子どもは父母と遊ぶのが大好き。
コミュニケーションが生まれ、信頼感が強まる。

未就園児教室

未就園児教室

輪に入る 人とのかかわりの第一歩

そろそろ母子分離の準備期間。おっと、その前に十分な愛着形成はなされていますか。
受け止め、抱きしめ、スキンシップは親子相互の心に満足感を生みます。
十分関わり合うことで、入園の準備もされてゆきます。

 

小学生への動く体育教科書

小学生(しょうがくせい)への(うご)体育(たいいく)教科書(きょうかしょ)

ここは小学生(しょうがくせい)のみんなが使(つか)っているノートの(なか)にある、色々(いろいろ)運動(うんどう)がのっています。 すべての映像(えいぞう)がスローモーションで(うご)き、その動画(どうが)途中(とちゅう)(わざ)のポイントが文字(もじ)()てきます。 じっくり()ていると、「どうすればうまくいくのか」「どうすればカッコよくできるのか」ということが(あたま)(なか)(のこ)ります(イメージできる)。 イメージというのは、『やろうとしていることを(あたま)(なか)(えが)ける』ということです。 (なに)()らないまま()()むのと、イメージをしてから()()むのでは、 すごく(おお)きな(ちが)いがあるのです。 イメージができたら、あとはクラブで何度(なんど)練習(れんしゅう)するだけ。 みんながんばれ~!

ポイント

どんなことを(なら)うときも共通(きょうつう)するポイントがあるよ。 それは「何度(なんど)もくり(かえ)さなければ上手(じょうず)にならない」ということなんだ。 もうひとつは、連続(れんぞく)何度(なんど)(つづ)ける運動(うんどう)は、あわてないで「(もと)姿勢(しせい)にもどる」ということ。 この2つがポイントだよ。

基礎(きそ)(ちから)

基礎(きそ)(ちから)

(ささ)える(ちから)」「器用(きよう)さ」「(からだ)のやわらかさ」は色々(いろいろ)運動(うんどう)(もと)になる(ちから)ですよね。 この(ちから)()につくと、上手(じょうず)になる運動(うんどう)がたくさん()えるよ! (とく)に、(からだ)がやわらかいとケガをしにくいし、(わざ)もきれいに()えるよね。 ノートに()っているストレッチングは、毎日(まいにち)風呂(ふろ)あがりなどに(つづ)けると一週間(しゅうかん)ぐらいですぐに効果(こうか)()てくるよ!

マットの運動(うんどう)

(まえ)(まわ)(けい)

(あたま)をぶつけないように(まる)くなって(ころ)がる。それがこのページの共通(きょうつう)のポイントだよ。 (あし)()じたり(ひら)いたり、(ひざ)()ばしたり、色々(いろいろ)前転(ぜんてん)があるね!

(うしろ)(まわ)(けい)

両手(りょうて)をしっかり()いてマットを()す。それがこのページの共通(きょうつう)のポイントだよ。 (うし)ろに()はないけれど、まっすぐ(ころ)がれるかな?

バネ(けい)

この3つの(わざ)は「バネの(ちから)」をうまく使(つか)うことが共通(きょうつう)のポイントだよ。 みんなはジャンプすることができるよね。 (ちぢ)めた(からだ)一気(いっき)()ばすとバネのようにはねていくね。 (からだ)には色々(いろいろ)筋肉(きんにく)がついていて、筋肉(きんにく)(ちから)()れるスピードが(はや)くなると、バネの(ちから)(おお)きくなるよ!

逆立(さかだ)(けい)

自分(じぶん)体重(たいじゅう)(ささ)える(ちから)を「支持力(しじりょく)」と()います。 色々(いろいろ)運動(うんどう)につながる大切(たいせつ)(ちから)だよ。 みんなが(あし)()っていられるように、何度(なんど)練習(れんしゅう)すれば()(うで)(ささ)えて(さか)さまでも()てるようになるよ。 上手(じょうず)になると逆立(さかだ)ちで(ある)くことだってできるんだ。 (むずか)しい言葉(ことば)では「倒立(とうりつ)」とも()うよ。 「エッ!側転(そくてん)逆立(さかだ)ちなの?」って(おも)うかもしれないけれど、よ~く()てごらん。途中(とちゅう)逆立(さかだ)ちの姿勢(しせい)()てくるよ!

とび()(けい)

前転(ぜんてん)上手(じょうず)になると、こんな種目(しゅもく)にも挑戦(ちょうせん)できるよ! ヒーローみたいでカッコいいね!

とび(ばこ)運動(うんどう)

基本(きほん)のとび(かた)

うまくとぶための一(ばん)のポイントは「(からだ)()()し」だよ。 とび(ばこ)(うえ)(おも)いきりよく自分(じぶん)(からだ)()()すための勇気(ゆうき)がとても必要(ひつよう)だね。 ()()くのは(からだ)()()したあと。 台上(だいじょう)前転(ぜんてん)は、(ちか)くに()()いて「クルクル」(ころ)がるよ。 腕立(うでた)開脚(かいきゃく)とび・腕立(うでた)閉脚(へいきゃく)とびは、(とお)くに()をつくよ。言葉(ことば)()えば「ん~~~ パッ」のタイミングだね。 (あたま)はねとびは、(とお)くに()()いて「ゴン ボ~ン」。 とび(ばこ)ってとべるとカッコいいし学校(がっこう)でもヒーローになれるね!

発展(はってん)のとび(かた)

腕立(うでた)前転(ぜんてん)とびは、マットの運動(うんどう)(なら)ったハンドスプリングといっしょだよ。 V字(ぶいじ)とびは、最後(さいご)(かたち)英語(えいご)の「V」に()えるね。 勇気(ゆうき)()してたくさん練習(れんしゅう)しよう!

鉄棒(てつぼう)運動(うんどう)

(うしろ)(まわ)(けい)

どの(わざ)も5(かい)まわれたら満点(まんてん)だよ。 つまり連続(れんぞく)回転(かいてん)運動(うんどう)だね。コツはなんだったっけ? そう、「(もと)姿勢(しせい)にもどる」だったよね。 はじめの姿勢(しせい)はひじ()ばしだよ。 (うえ)からにぎって「順手(じゅんて)」で挑戦(ちょうせん)しよう。4つの(わざ)兄弟(きょうだい)のように()ている(わざ)(おお)いね!

(まえ)(まわ)(けい)

(うしろ)(まわ)(けい)(おな)じように()ている(わざ)(おお)いね。 (まわ)方向(ほうこう)()のにぎり(かた)(ちが)うよ。 動画(どうが)をよく()て。 (した)からにぎる「逆手(さかて)」って()うんだよ。 でも「腕立(うでた)(まえ)(まわ)り」だけは順手(じゅんて)でやった(ほう)がやりやすいんだ。 不思議(ふしぎ)だね~。 みんなもやってみてごらん!

だるま(まわ)(けい)

だるま(まわ)りはひじで(ささ)えたまま(まわ)(わざ)です。 わきをしめることが共通(きょうつう)のポイントだよ。 コツがわかれば何回(なんかい)でも簡単(かんたん)(まわ)れるよ。 はじめは()(まわ)るけど、だんだん平気(へいき)になってくるんだ。 人間(にんげん)って不思議(ふしぎ)だね。

ふり(けい)

(からだ)をブランコのようにふって、その(ちから)利用(りよう)して(おこな)(わざ)です。 2つの(わざ)はそれぞれ(かたち)(ちが)っているけど、ふりの(いきお)いをうまく使(つか)うことが共通(きょうつう)のポイントだよ。 (からだ)()ばしきることで、より(おお)きなふりの(ちから)()まれるんだ。 (ふじ)()がりは(ふじ)(はな)(さか)さまにぶら()がっていることからついた名前(なまえ)だよ。

発展(はってん)(けい)

この2つは力技(ちからわざ)仲間(なかま)です。 まっすぐな1(ほん)(ぼう)になって、(からだ)鉄棒(てつぼう)につけずに(まわ)れたら「ともえ」だよ。 えび()りは(からだ)()ったまま()()げる運動(うんどう)だよ! どちらもチョ~(むずか)しいけれど、あきらめずに挑戦(ちょうせん)しよう!

Copyright © ラックスポーツ All Rights Reserved.